ギャンブルの映画

ギャンブル映画とその概要

慎重で忍耐強い人を見るのは楽しくありませんが、誰かが一つのハイスコアのために、自分の幸福をゾッとするような非現実的な信条に委ねるのを見るのはスリリングです。トップ5のギャンブル映画は、静かな家での生活に気晴らしを与えてくれます。主要な映画を振り返って、映画の中で賭け事が何であるのかを捉えてみましょう。

カジノは賭けそのものというよりも、賭けが行われる空間を指すと言えます。幸いなことに、全体的に非常に優れた映画達です。

エクセレント・ベガス(1997)

これがあまり有名な映画ではないことは分かっています。間違いなくエド・ヘルムズにとって最悪の駆け出し映画でしょう。しかし、おそらく今までで一番スマートで馬鹿らしいカジノジョークの映画ですので、きっと気に入るでしょう。クラーク・グリスウォールドが、賭けにのめりこみ痛い目を見ます。ゲームはマーティと呼ばれるディーラーによってプレイされます。クラークは、1から10の間の数字を選ぶというゲームで、「いや、7だ」と言い、お金を失ってしまいます。このようなゲームは、ラスベガスでは基本的に規模が大きく人気があるでしょう。可能な限り最もフェアなカードゲームの娯楽なのかもしれません。

ラッキー・ユー(2007)

当時のポーカーの世界観を存分に味わえる作品です。故カーティス・ハンソンは突然、彼の美しい『L.A.コンフィデンシャル』、『ワンダー・ボーイズ』、『8 Mile』、『イン・ハー・シューズ』等の作品とは異なる、ポーカープレイヤーの物語(エリック・バナ)を手掛けました。主人公の父親はずば抜けた才能を持つ偉大なポーカープレイヤーです(ロバート・デュヴァル)。申し分のない面白みを持った映画ですが、興行収入においては失敗であり、ハンソンの絶好調は終わりを告げました。

ラスベガスをぶっつぶせ(2008)

(アーティストのベン・メズリック著作の)約10年以上にわたってカジノを打ち負かしたMITブラックジャックコミュニティの歴史的事実に基づいた作品です。『ラスベガスをぶっつぶせ』は、非常に数学的で計算的な歴史を愚か者の映画に変換し、若くルックスの良い役者(ジム・スタージェス、ケイト・ボスワース、アーロン・ヨー、ジェイコブ・ピッツ、そしてジョシュ・ギャッド)を際立たせています。特にスペイシーの配役は、実際はアジア系アメリカ人であるキャラクターを白人に変え、映画の『ホワイトウォッシング』だと非難されました。映画の内容とは別の興味深い側面と言えます。

Related posts

ギャンブル映画トップ5

Emily Massa