エンターテインメント

ギャンブル映画トップ5を知ろう

もう2021年であり、何百万時間ものストリーミング映画が既に存在します。誰もが知っているように映画における不可欠なジャンルは、アクション、コメディ、ドラマです。しかし、人気の高さというのは、観客の需要に応えるためにいくつかのジャンルを組み込むことにもつながります。今から、プロットの重要な部分がギャンブルである映画をいくつか見ていこうと思います。どうしてギャンブル映画なのかと言えば、賭け事が映画に付加的な楽しさをもたらし、映画をより興味深いものにするのです。ギャンブルのように、チャンスと可能性があるのです。以下は、私達が評価したギャンブル映画トップ5のコレクションです。これらの映画はポーカーやカジノゲームをカバーし、誰もがこれらの映画を楽しめます。

ナンバー5 – アンカット・ダイヤモンド

『アンカット・ダイヤモンド』は、ニューヨークの有名な宝石商であるハワード・ラトナーをアダム・サンドラーが演じるカジノ犯罪劇です。ハワードは、キャリアは成功しているもののギャンブル中毒です。ギャンブル中毒であるために、最終的に無謀な賭けをすることを余儀なくされます。ハワードは有名人の顧客に貴重な宝石を貸した後、すぐにビッグになろうと心に決めます。本作は最新のギャンブル映画の一つです。

ナンバー4 – マーヴェリック

『デッドリー・ウェポン』や『陰謀のセオリー』を監督した、有名なリチャード・ドナー監督の映画です。しかしなぜ『マーヴェリック』が偉大な映画の一つであるのかというと、この映画は、人々に挑むのではなくポーカープレイヤーを倒そうとするプロ、ブレット・マーベリックの物語なのです。主人公は西部地方で、ポーカーのトーナメントに参加するための資金を集めようとします。

ナンバー3 – オーシャンズ11

『オーシャンズ11』は強盗に関するカジノ映画です。この映画では、ジョージ・クルーニー演じるゲイリー・オーシャンが、3つのラスベガス最大のカジノから華麗にお金奪うためにチームを結成します。報酬はいくらでしょう?現金で1億5000万ドルです。ミラージュ、ベラージオ、MGMグランドがダニー・オーシャンのターゲットです。すべてのカジノは、ダニーの元友人テス(ジュリア・ロバーツ)の新しい恋人である、テリー・ベネディクト(アンディ・ガルシア)が所有しています。

ナンバー2 – カジノ

 

『カジノ』は、模範的とも言えるマーティン・スコセッシ監督の映画です。スコセッシ監督の『ハスラー2』や『グッドフェローズ』も一流の映画です。スコセッシがこの映画を再監督し、ギャンブル映画の仲間入りとなりました。ミステリアスなプロットとラスベガスの特別な描写によって、明るくも残酷な雰囲気があります。

ナンバー1 – ラスベガスをぶっつぶせ

『ラスベガスをぶっつぶせ』は、ギャンブル映画トップ5の最も人気のある映画の一つであり、優れた数学的能力と無限の可能性を持ちラスベガスで輝いていく者達を描いています。珍しいストーリーとブラックジャックカードの有名なコンセプトの新しい解釈により、私達はこの映画をナンバー1としました。