Category : レビュー

レビュー

ギャンブル映画とそのコンセプトを感じる

Emily Massa
賭けのスリルが好きな同僚達とムービーナイトを計画していますか?ラスベガスでの楽しい週末を計画しているかもしれませんね。クラップス、バカラ、ルーレットやポーカーなら、カジノの楽しい思い出となるでしょう。私達はGambling.comで、映画の年代記を旅し、私達が最高の映画であると感じるものを選びました。多くの人がこれらのチョイスに賛否両論あるでしょう。どんな場合でもギャンブル映画は、カジノからインターネットポーカー、ハッスルなど、ギャンブル関連の様々な問題をカバーします。最も重要なことは、根本的に素晴らしい映画であるということです。 ハイローラー ストゥー・ウンガーについてのこの映画は、個人を描くベスト映画の一つです。マイケル・インペリオリ演じるストゥーイは、世界的に有名なポーカープレイヤーとして知られ、3つの重要なWSOPのイベントで勝利しました。A.W ヴィドマー監督のこのストゥー・ウンガーの物語は、一度すごい物を手に入れた男の崩壊の物語です。このプレイヤーの一生を、最初から最後まで、浮き沈みと共に描いています。賭けの世界で頂点に登り詰めたストゥーという天才が、最終的に多くのお金を失い、破壊的に落ちていく様子が興味深いです。 ザ・クーラー ウェイン・クレイマー監督のこの映画で、ウィリアム・H・メイシーが奇妙なキャラクターを演じています。メイシーは運のない男で、カジノはつきが回っているプレイヤーの運を落とすのに彼を使います。プレイヤー達の運はなくなり、しばらくするとカジノのハウスエッジは回復します。しかし展開が変わり、思いがけず彼の運はラスベガスのカードゲームで幸運を呼ぶ存在となり、カジノは大いに悲しむことになります。序盤の嫌な感じは優れたパフォーマンスによって支えられ、本作も運の考え方とカジノについての素晴らしい映画です。 シービスケット インターネットギャンブルやカジノでの賭けには基づいていませんが、シービスケットは、ジョッキー、コーチ、そして馬の物語を伝えます。ジェフ・ブリッジスが不運で落胆した男を演じますが、この男の人生には生まれ変われる可能性が一つあり、それがカウボーイのコーチ(クリス・クーパー)が見つけた、明らかに使い物にならない馬であるシービスケットです。20世紀の素晴らしいアンダーグラウンドな物語の一つとして、トビー・マグワイアが、シービスケットを数々の成功に導くジョッキーを演じています。 ポーカーテーブルでプレイすることで学費を支払う男の物語で、若かりしマット・デイモンが演じています。この映画は有名俳優陣で固められ、ジョン・マルコヴィッチとエドワード・ノートンも出演しています。非常に多様な楽しさがある映画ですが、一番の緊張状態は、非合法のポーカールームの経営者を演じるマルコヴィッチにデイモンが勝とうと挑むところです。この映画は、特にノートンが素晴らしい優れた描写が続き、他のギャンブル映画のようにポーカーテクニックと会話の見事な表現が続いていきます。...