Category : 映画

映画

カジノプレイヤーのための永久不変のベスト映画

Emily Massa
ギャンブル映画で傑作は多数ありますが、Gambling.comでは、私達はそれらの中でも理想的なギャンブル映画になると思うものを選びました。多くの人がこの選択には賛否両論あるでしょう。しかしながら以下の映画は、カジノゲームからインターネットゲーム、ハッスルなど、ギャンブルに関するすべてのテーマにおいてかなり広範囲な側面をカバーしています。何より重要なのは、これらが優れた映画だという事です。 1. ハイローラー:ストゥー・ウンガー(Stu Ungar)の物語 優れたギャンブル映画の一つであり、ストゥーイ(Stuey)という親しみが込められた別題を持つ映画です。ストゥー・ウンガーという、3つのWSOPのメインイベントトーナメントで優勝した唯一のポーカープレイヤーとして知られる優れたローラーを、マイケル・インペリオリが演じています。A.W ヴィドマー監督のこの映画は、すべてを手に入れた男の破綻を描写しています。このギャンブラーの人生を最初から最後まで捉え、浮き沈みを明らかにしています。最後にはお金の大半を失ったストゥーの、ギャンブルの世界における華々しい名声の物語と、その後の劇的な衰退期は、楽しめるものであるのと同時に壊滅的なものです。 2. ザ・クーラー ウェイン・クレイマー監督の映画でウィリアム・H・メイシーが奇妙な役を演じています。メイシーは非常に運がない人物のため、運のまわっている客の周りをうろつかせ客の運をなくすためにカジノ側が彼を雇うのです。間違いなく客の運は変わり、カジノ側のアドバンテージも復活します。しかし、この『クーラー(運をなくさせる人)』の運が変ったとき、彼はラスベガスのすべてのギャンブラーの中でも恵まれた魅力を持つことに気付き、彼を雇うカジノは大いに失望することになります。カジノゲームにおける迷信と運の考え方への素晴らしい洞察を持った映画であると言えます。 3. シービスケット オンラインゲームやカジノゲームには焦点を合わせていませんが、シービスケットは マジシャンやトレーナーが無一文から大金持になる物語を語っています。ジェフ・ブリッジス演じる惨めで不運な人物は、カウボーイトレーナー(クリス・クーパー)を通じて見つけた一見価値のない馬、シービスケットを所有し、この馬が彼の人生を挽回する可能性となります。20世紀の優れた作品として、トビー・マグワイアがシービスケットを操り数々の成功へと導く予想外のジョッキーを演じています。 4. ラウンダーズ この映画は、マット・デイモン演じる、ポーカーテーブルで勝つことで大学の費用を得ようと賭けをする男の物語です。この映画にはジョン・マルコヴィッチとエドワード・ノートンも出演し、有名俳優揃いです。クライマックスは大金の賭かったゲームとなり、制御不能なポーカーバーでマット・デイモンがマルコヴィッチに勝とうと挑みます。ノートンは劇的で、ポーカーのプランとダイニングテーブルでの冗談の言い合いを真に描写したりと、この映画には変化に富んだ面白さがあります。 5. ザ・ギャンブラー/熱い賭け この映画は、カジノゲーム中毒の(ジェームズ・カーン演じる)大学教授についての物語です。映画が進むにつれて、カーン演じる主人公は自滅に陥り精神状態が悪化していきます。借金が膨らむにつれ、興奮への欲求が彼の命を脅かしていきます。物語は多彩で裏切らないクライマックスへと進んでいきます。...